oasis © 2017

  • Black Facebook Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon

​30年来の糖尿病が改善しました!

20代の頃から、主婦業の傍ら編み物の先生として頑張ってきました。

2型糖尿病と診断されたのは、今から約30年前のこと。

原因として思い当たることは、運動不足と果物の過剰摂取。仕事柄座っていることが多く、ほとんど動かなかったことや、果物は体にいいからと食べ過ぎたことが良くなかったんだと思います。

治療方法は食事指導と服薬。それぞれ1年続けましたが、血糖値が改善されなかったことからインスリン注射へと変更。以来、現在に至るまで1日5~6単位×3回を継続してきました。

合併症の腎臓障害や失明を防ぐには、HbA1c が7.0未満でなれければなりませんが、私の場合はどんな治療をしてもほとんど変わらず、一時期は7.8まで数値が上がったこともありました。何とかならないかと思っていた時に娘が勧めてくれたのが、活水器水清水(みずきよめ)のお水と、与那国島サンゴの粉末、カルシストXでした。

 

ほとんど変わらなかった数値が一年かけて、どんどん低下!

医者も驚くほど改善して行き、正常値まであと一歩の状態になりました。

飲み水を水清水のお水に替え、カルシストXを月に1瓶飲むようになって、すぐになかなか下がらなかったHbA1c が7.0を切り6.8に低下しました。これにより、インスリン注射も1日5単位から3単位に減りました。

飲みやすいカプセル状の酵素オーブ発売後、これを飲むと元気が湧いてくる感じがして、これも食前1粒×1日3回を続けるうちに、黒くなっていた足の爪色が元の色に戻り、体調もよくなり毎日熟睡できるようになりました。

8ヶ月後にはなんとHbA1c が6.5になったんです。 30年間で7.0を割ったのは初めてでしたから、これにはお医者さんもビックリ。代謝も上がったせいか、体重も2キロ減りました。

その後も数値は順調に低下し、現在は正常値の6.2未満までもう一歩というところです。

運動不足解消のために15年前からダンスを始めたのですが、高齢で辞めていく仲間が多い中、私が続けていられるのも、ビーワン商品のお陰かなぁ~と思っています。

また環境にも良いとのことで、孫にも良いことが出来れば、嬉しいです。

   福岡県古賀市 70代 Yさん